2018年12月6日木曜日

【事業】烏丸ストロークロックワークショップ参加者募集

初めて顔合わせをする現場、他地域の演劇人たちとの交流、いろんなジャンルの人たちが集まるクリエーション、年齢も経歴もばらばらのメンバーとの公演、そんな現場に入ったとき「自分はどう見えているのか、どういう立場をとればいいのか」ということに、ふと悩んだり、臆したりすることはありませんか?
今回は、烏丸ストロークロックをして「クリエーション現場のスペシャリスト」と言わしめる俳優・小濱昭博氏にそのコミュニケーションの極意のワークという、興味深いメニューをご用意しました。
https://www.karasuma69.org/posts/5328821?categoryIds=134012
コミュニケーションワークショップ
「空気を探る」 

撮影:東直子

今回のワークショップでは、創作現場でのコミュニケーションの課題や違和感に向き合っている俳優経験者を対象に、小濱昭博の創作現場でのコミュニケーションの技の一端を様々なワークを通して、参加者が実際に試しながら体感してもらいます。
■ 日時
2018年12月21日(金)18:00~21:00
■ 会場
広島市東区民文化センター  ロビーギャラリー
■ 講師
小濱昭博劇団 短距離男道ミサイル/チェルノゼム) 
1983年宮城県仙台市生まれ。俳優/演出家。宮城教育大学在学中から演劇をはじめ、震災後に立ち上がった「劇団 短距離男道ミサイル」に2012年に所属。以降同劇団の看板俳優として活躍。自身が演出をするユニット「チェルノゼム」での創作も精力的に行う。
 仙台を拠点にしながらも、東京、京都、兵庫をはじめ、フランス、チュニジア、香港など活躍の場は国内にとどまらない。息づかい、身体造形から構築される変幻自在な人間像は老若男女問わず多くの観客を魅了する。また、様々な現場で培われた創作現場の空気に与える影響についての評価が高い。
 仙台の演劇の創造環境整備と若手の育成にも力を注ぐ。近年俳優としての経験を活かし、県内外で年間20本以上の「演劇とコミュニケーションについて」のWSを行っている。

■ 対象
過去に1回でも、俳優として舞台に立ったことがある方
■ 受講料
3,000円 定員15名
■メール申込先
舞台芸術制作室 無色透明 a.p.musyokutoumei★gmail.com(★を@に変えてください)
【件名】烏丸ワークショップ申込
【本文記入事項】
●お名前 
●携帯電話
●メールアドレス ※パソコンメールが受信できるもの
●演劇経験 〇〇年

2018年11月30日金曜日

10年(以上)ぶりの再会。

もうはるか昔になりますが、駆け出しの役者だったころ、文学座の俳優、鈴木弘秋さんと一緒の舞台に立たせていただいたことがあります。
その鈴木さんから「ものすごく久しぶりに中国地方を巡演しています!」とものすごく久しぶりにご連絡いただき(笑)広島公演の時、お会いすることができました。
鈴木さんは現在「女の一生」に出演されており、全国ツアー中なのだそうです。


本当に久しぶりの再会だったのですが、一か月間という滞在製作の稽古をしたことは色濃く、あっというまに10年以上の時間を飛びこえて、昔の話に今の話に、ビール片手に盛り上がりました。
今も昔も、とても素敵な俳優さんです。
せっかく公演にこられていたのに肝心の作品をわたしは拝見出来ず(Σ(; ゚Д゚))、、、あんまり日にちが空かないうちに東京に観に行かなくちゃな、と思いました。
「女の一生」のツアーはまだまだ続くそうですので、お近くのかたはぜひとも!



文学座公演
「 女 の 一 生 」 
作:森本 薫 / 補訂・演出:戌井市郎による
演出補:鵜山 仁
出演
赤司まり子 
山本郁子 
松山愛佳 
前東美菜子 
中原三桜里 
松本祐華 
石川 武 
大滝 寛 
今村俊一 
鈴木弘秋 
上川路啓志 

上野璃子(テアトルアカデミー)交互出演 
福田真央(テアトルアカデミー)交互出演 
□スタッフ 
装置/中嶋正留 照明/古川幸夫 音響効果/秦大介 衣裳/中村洋一
演出助手/稲葉賀恵 舞台監督/黒木仁 制作/白田聡
宣伝写真/鶴田照夫 宣伝美術/太田克己 

地方公演:中部・北陸地方
日程:2018年1月19日(金)→2月14日(水)

11/30 (金) 呉市文化ホール 呉市民劇場 0823-25-7878 
12/2-4 (日~火) 倉敷市芸文館 ホール 倉敷演劇鑑賞会 086-434-0400 
12/5 (水)サンビームやない 柳井演劇鑑賞会  
12/6・7  (木・金)周南市文化会館 周南市民劇場 0834-22-8787 
12/9 (日)倉敷市玉島文化センター 倉敷演劇鑑賞会 玉島事務所 086-525-2611 
12/10-11 (月-火)岡山市西大寺公民館 大ホール 西大寺市民劇場 086-942-6252 
12/12 (水)しまなみ交流館 尾道市民劇場 0848-25-4073 
12/15・16 (土・日)ピッコロシアター 大ホール 兵庫県立尼崎青少年創造劇場  
12/17-23 (月-日)岡山市立市民文化ホール 岡山市民劇場 086-273-0395 




2018年11月28日水曜日

🌸寿🌸

仙台の帰りからの、芝居仲間の髙山力造さん、本坊由華子ちゃんの結婚式に参列してきました。
どうやら広島でのご縁がそもそものスタートだったと、披露宴で聞いてざわめく広島テーブル(笑)
力造さん、本坊ちゃん、ほんとにおめでとう!!!









この日だけはどんなに頭が痛くなったって、髪をアップにしなければ・・・と覚悟を決めて美容院へ。プロってすごいなあ。見たこともない形にあっという間に結い上げてくれました。こんな風にすることないので記念に写真におさめておこう。


2018年11月21日水曜日

【事業】烏丸ストロークロック「祝・祝日」広島公演、いよいよ今週末よりチケット発売開始です!


本日ちゅぴCOMさんへ、制作の山田めい(左)、出演俳優宮地あや(右)が、CM撮影に伺いました。
広島のケーブルテレビで放映予定です。
ちゅぴCOMにご加入の方、ぜひとも。

烏丸ストロークロック(京都)「祝・祝日」いよいよ今週末の仙台公演、そして来年1月に広島公演です。

「わたしたちが、ここにいま在る居ることを祝う祭り」

どんなお芝居になるのか、今週末仙台公演を観に行く予定です。
実は人生初の東京以北(!)
購入方法など詳しくはまたチケット発売後にお知らせしますね。どうぞお見逃しなく!!




そんなこんなで11月がもう終わってしまいます(怖)
怒涛・・・・・・・・・・・・・・。。。。。
まだ今年中にやっとかないといけないことたくさんあるのに。それにまだ今年本番がのこってるのに(ウタとナンタの人助け、再演依頼をいただき安芸太田町に来月参上いたします)。


首が回らない。
首が回らないです。
いえ、お金とかそういう問題じゃなく(笑)リアルに回らないんです。
なにかの拍子に頸椎を傷めてしまったらしく、ここ一か月以上首の痛みと共に右腕がずーーーーっとしびれているというものすごいストレス下にいます。少しでも首の負担を軽くするために一日中(寝る時も)このような頸椎カラー生活。


ああ滑稽。こっけい。こっけいついですよ・・・・・(壊)じゃまくさい・・・・・・・。
頭が重い・・・・・。
少しでも軽くするために、髪を切ろう。

というわけで、ヘアドネーションのために伸ばしている髪を今年中に切れると思っていたのですが、先日美容院にいって聞いてみたら、「あと数か月我慢!」と通告されてしまいました。
世の中はなかなか思い通りにいかないものです。しかし、わずかでも必要としている子どもたちのお役に立てることを祈り、がんばろう・・・!!
とにかく冬のロングヘアは静電気とのバトルの毎日です・・・・。こわくてドアノブ触れません。たぶん結んだり編んだりしてまとめたら少しはいいのでしょうけど、わたしはなぜか髪を結ぶと頭が痛くなってしまう体質のようで、全然ヘアアレンジとかを楽しめません(というか、めんどくさがりなのでアレンジ出来ても楽しむようなまめさはなさそう・・・)帯電し放題。マジで痛いです、静電気。
そんな中唯一の救いは「ニット帽被るのが楽」という点ですかね。昔から帽子は好きなんですが、髪が短いとかぶったら癖がついてしまって、脱ぐとヘンテコリンになる・・・本物のお洒落さんはそういう事もクリアできるんでしょうけど、わたしのような無精者には高い壁。その点、ロングは楽!なにも考えずにかぶっても後も残らないし、なによりニット帽はあったかい。
どうせ今年の冬はもう髪を切れないので、せめてニット帽生活をエンジョイしようと思います。


2018年11月14日水曜日

サザンクス筑後の「文化芸術デザイナー講座」に参加してきました

昨日は、久しぶりに福岡に行ってきました。
サザンクス筑後の主催事業文化芸術デザイナー講座に参加しに。
サザンクス筑後は、福岡県筑後市にある公共ホールです。
わたしは、九州大谷短期大学の演劇コースの出身なので、福岡は広島以外で初めて暮らした街です。だからもし第二の故郷みたいなのがあるとしたら筑後市かもしれません。
福岡県って大きんです。だから福岡県とはいえ、たとえば博多区みたいなとこと筑後市はものすっごい違います。福岡市内からは60kmくらい南下したところにある人口5万人ののどかな地です。広島市から考えると、三原市くらいの距離ですね、たぶん。
こちらのホールに、大学時代の恩師である齋藤豊治先生が館長兼芸術監督に就任されていました~。びっくり。講座も興味深いし、先生にも久しぶりにお会いしたいし、行ってみようと思い立ち行ってみたんですが。ものすごくおもしろかったです。
昨日の講師は、いわき芸術文化交流館アリオス館長大石時雄さん。大石さんはご出身が久留米なんだそうです。
東日本大震災を経てからの事業の事や、アリオスが自主事業で行っている子どものための文化支援、現在の日本社会においての文化の役割やこれからの時代のコミュニティづくりの重要性など、めちゃくちゃ勉強になりました・・・。すごいクオリティ高かったです。色々興味がありすぎて、つい講座後に大石さんに色々質問してしまいました。そんなわたしの質問にも、すごい丁寧に情熱的に答えて下さって、この時間で得たものを絶対に何かに生かしたいと思いながら広島に帰りました。
なによりこの講座を筑後市という地方都市で一般市民向けに企画している事務局長の久保田さんがすごいです。ごあいさつ程度しかできなかったのですが、なんというかその短い時間でも、真摯さや情熱や人間性が垣間見えて、こういうひとが地域文化を支えていると感じました。福岡で演劇制作、文化政策にかかわる人全員に参加してほしいと思いました。
行って帰るだけだったんで(笑)あんまりゆっくりお話はできなかったですけど、豊治先生とも久しぶりにお会いできてすごくうれしかったです。



夕暮れてますが、これ往路。
講座が19:30からだったんで、夜行って深夜帰るコース・・・

真っ暗すぎて全然見えませんけど(笑)サザンクス筑後です。
「懐かしい」とか言いたかったんですが、周りが暗すぎてなにもわかんない(笑)

せっかくなんで「久留米ラーメン」を食べて帰りました。
わたし、ぜんぜんラーメンの味とかわからない人間なんですが・・・
いや、好きですよ。普通に。
好きなんですけど、「ラーメンの味がする」以上のコメントができないので、
甲斐がない(笑)

来月の講座も、今度はスタッフも誘って参加しようと思います。