2018年8月30日木曜日

「プロとかアマチュアとかそういう事を口にするのはいい加減やめた方がいいよ。」

とある俳優とのやりとりで、思い出し話エピソードですね。

このブログの前に「まど。」ってブログがありまして。自分でも読み返すことはもうないんですが(苦手なので)2006年くらいにはじめて作ったブログだったこともあって、なんか制作駆け出しで、挫折直後からの這い上がりたい感満載だと思います。当時はアクセス数を気にしたり(笑)誰にどう思われるか気にしたり、自分の小物感が笑えます(笑)今でいう匿名クレーマーさんと真面目に対峙するバカバカしさに心が折れてやめたんですが(馬鹿正直にやりすぎてたわたしもわたしなんですけどね)。歳を取ったってことかな、少し気持ちが自由になれたのは。あとあんまブログとか読まれなくなったと知ってるから気楽ってのもあります(笑)その頃ブログって意志の発信をするツールの代名詞的な存在で、今でこそSNSで気軽にネット発言が主流になって「スルーする」ってことが当然みたいになってますが(あの頃よりはるかにモラルとか曖昧になっている気もしますが)当時はブログでなんか本音みたいなんを書くとあれやこれや顔の見えない人に言われたものです。ただネット発言の責任とか、公を意識するとか、その頃色々苦い思いしといてよかったな、と今は思いますね。SNSの発展でいまやブログ文化は完全に下火で(ブログでさえめんどくさいジャンルに入るくらいネット発言お手軽になりましたからね・・・)、ネット発言主流のSNSは便利だし、制作にはかかせないツールになってますがその消費スピードにくたびれてしまいあまり上手に使えないままです。タイムラインにダダ流しして消えていく、なにもかもどうせすぐ過去になる感がどうも苦手で(スマートフォンで文字を打つのも苦手)ストレスも時間もかかるけど、べつにいいね!もいらないので、ちゃんと責任をもって考えて文章を書くようにしたいと思ってあえてブログを続けてます。

話戻りますと、その頃、企画で演劇協会の季刊誌の記事を書いていて、インタビューを何本か行ったんです。その記録を「まど。」に残しておりまして。
かなり前ですが、その頃聞いたお話って、今でも事あるごとに思い出すんですよね。
標題の言葉は、SPAC(当時)の鈴木忠志さんにインタビューさせていただいたときに最後に言われた一言です。今日ある俳優とやり取りしていて、不意に思い出しまして。
2007年て11年前ですね。いやはやです。
今やネットの深海に沈んで永遠に出てこないブログですが記録の為に残しています。ご興味ある方は覗いてみてください(^^;
鈴木忠志氏インタビュー
平田オリザ氏インタビュー